「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

エンタメ

ミセスグリーンアップルのボーカルがオネエと言われる理由は?なぜ昔とメイクが変わったのかも調査!

Pocket

デビュー後から大人気のミセスグリーンアップル(Mrs.GREEN APPLE)。

2023年はさらに大活躍で、念願の紅白歌合戦にも出場されます。

あのボーカルの大森元貴さんの歌声、メロディーがとても素敵ですよね。

紅白出場は、本人たちだけでなく、長年応援し続けてきたファンも嬉しいのではないでしょうか。

そんなミセスのボーカルが昔と今は、見た目が大きく変わっているのをご存知ですか?

昔と今を見比べると、

  • オネエと言われる理由はなに?
  • なんで風貌が変わったの?
  • いつから変わったの?

などなど、気になることが出てきます。

ボーカルだけでなく、メンバー全員風貌が変わりましたよね。

男性の化粧が増えてきていますが、まだまだ化粧に対する偏見は存在しています。

活動休止中になにがあったのでしょうか。

ジェンダーレスになったのか、また表現者として信教の変化があったのか。

ファンだけでなく、音楽番組を見ている方も気になる人は多いと思います。

そこで今回は、ミセスグリーンアップルのボーカルはオネエと言われる理由は?なぜ昔とメイクが変わったのかも調査しました。

 

ミセスグリーンアップルのボーカルがオネエと言われる理由は?

ミセスのボーカルは、大森元貴さんです。

大森元貴さんがオカマではないかと言われていたのは、以前からだそうです。

ミセスは活動休止を経て、変わったとファンの間では話題になりました。

なぜもともとオカマ系と言われていたのか、そして現在なぜさらに話題となったのか調査しました。

 

ミセスグリーンアップルのボーカルがオネエと言われるのはなぜ?

以上のように2022年ごろからオネエというワードが出てきています。

なぜオカマと言われているのでしょうか?

 

大森元貴オネエと言われている理由①:化粧が濃い

  • ファッションが個性的(レディースの服を着たりしている)
  • ガッツリメイクをしている
  • 優しい口調
  • ネイルをしている

という点で言われていました。

そして、現在は昔に比べさらにガッツリ化粧をしています。

  • 化粧内容
    眉ブロウ
    まつげが長い(マスカラorつけまorまつエク)
    濃いファンデーション
    アイライン
    アイシャドウ
    涙袋

ここまでの化粧をするには相当の時間がかかりますし、化粧の綺麗さからして慣れていることが分かります。

と言っても、化粧はメイクさんがするそうなので、自分で行う技術はないようです。

自分では行ってないものの、TVでは化粧が濃い、ネイルをしている、口調が優しいという点が目に入るため、オカマ説が出たのではないでしょうか。

また、美意識が高いこともあるようです。

 

大森元貴オネエと言われている理由②:ミセスとグループ名に入っている

2つ目の理由は、グループ名に「Mrs.」が入っていることです。

ミセスと入っていることで、「いつかミセスになるのでは」と思われた人もいるのではないでしょうか。

しかし実際、「Mrs(ミセス)」は中性的なイメージをつけるためと言われています。

そのため、オカマになる予定でミセスとつけたわけではありません。

中性的なイメージ、それこそ今のミセスグリーンアップルの姿ですよね。

 

大森元貴オネエと言われている理由③ファッション

プライベートでは黒系の服装が多いそうですが、仕事では派手な服装が多い印象です。

本人も「外見はジェンダーレスになってきた。準備されてる服も女性物があったり。そういうスタイル好きだから嫌じゃない。」と話されています。

フェーズ2からは、フリルやブラウスなど、女性ものを着ておられますよね。

その格好を見ると心はオカマなのでは?と思われるかもしれません。

しかし、これは大森元貴さんの表現の1つのようです。

 

大森元貴オネエと言われる理由④女子力の高さ

先ほども言いましたが大森さんは美意識も高いです。

また、大森元貴さんはジェラートピケが好きとのこと。

肌ざわりの良いモコモコした素材のルームウェアなど、このメーカーのメンズを着ていると思うと女子力高いなと思ってしまいますよね。

メンズのルームウェアがあるとしても、なかなか男性でジェラピケは選択されにくい商品だと感じてしまいます。

だから、オカマ説が出たのかもしれませんね。

 

大森元貴オネエと言われる理由⑤仕草が女性っぽい

大森元貴さんは時々中性的な仕草をされます。

ガッツリメイクをしていて、女性っぽい服装、中性的な仕草をしてるため、オカマ説を疑われてしまうのかもしれませんね。

 

ミセスグリーンアップルのボーカルはなぜ昔とメイクが変わったの?

現在ミセスは全員メイクをしており、活動休止前とは風貌が変わっています。

驚いたファンや、綺麗と肯定的な意見、否定的な意見と様々ありますよね。

大森元貴さんはいつから変化したのか、なぜ変化させたのか調査しました。

 

ミセスグリーンアップルのボーカルのメイクいつから変わった?

この写真はデビュー前ですが、いつ頃から化粧が濃くなったのでしょうか?

年を追って調べてみました。

 

2018年デビュー3年目

この時から軽く化粧はしていますが、今ほど濃くはないですね。

このころから、男性メイクが普通に行われるようになってきた時代です。

うっすらという感じなので分かりにくいですね。

 

2021年ソロデビュー時

この活動休止中のソロデビュー時から、化粧が濃くなっています。

化粧は濃いですがとてもきれいな顔ですよね。

 

2022年活動再開時

そして、フェーズ2、活動再開時には他メンバーも含め、風貌が変わっているのがわかりますね。

いつ頃変化したのか、過去の写真を辿ってみました。

活動休止前、デビュー前の大森元貴さんは、化粧っ気がない姿の写真が観られています。

デビュー後から少し身だしなみ程度の化粧されてますね。

そのため、予想ですが、2021年ソロデビュー時に心機一転風貌を変えたのではないかと考えます。

活動休止中に何か感じられたことがあったのではないでしょうか。

それでは、なぜメイクを濃くしたのかを調査しました。

 

ミセスグリンアップルのボーカルはなぜメイクを変えた?

以前大森元貴さんは風貌の変化について「フェーズ2に入って、楽曲に込める気持ちがより内省的になってきたんです。その文、外見的な部分で武装しようという思いが大きいのかもしれません。」と話されています。

再出発するにあたって、歌に込める変化とともに見た目も変えたということですね。

そのため、元々化粧など女性っぽいことには興味があったのかもしれませんが、だからと言ってオネエというわけではなく、表現者としての表現方法の変化というところかもしれませんね。

 

ミセスグリーンアップルのボーカルはのオネエ説は嘘?

以上のことから、風貌がオネエ系に変わったのは、フェーズ2(活動再開)時の自分たちの思いと共に、見た目の表現も変化させたことが分かりました。

しかし、2022年に化粧が濃くなった時点でオカマと疑う声が出ていました。

「やっぱり」という言葉から、風貌が変化する前から女性らしい仕草等はあったのではないでしょうか。

結論、噂が本当かウソかは変わりません

本人は否定されているそうですが、秘めていることかもしれませんし、オネエ系の風貌からこちら側が騙されているだけなのかもしれません。

 

ミセスグリーンアップルのボーカルがオネエと言われる理由は?なぜ昔とメイクが変わったのかも調査! まとめ

今回は、ミセスグリーンアップルのボーカルがオネエと言われる理由は?なぜ昔とメイクが変わったのかも調査しました。

ミセスのボーカル大森元貴さんは、以前からオネエ説がありました。

そういわれる理由としては、化粧をしていること、ネイルをしていること、口調が優しいことなど沢山あるようです。

また、昔に比べてメイクが変わった理由は、音楽への思いの変化とともに、風貌を変化させたと話されています。

濃いメイク・派手な衣装にすることによって、オカマなのではないかと噂が広がりますが、大森元貴さんが目指す音楽に近づくのではないでしょうか。

このジェンダーレス時代、自分らしく楽しんだもん勝ちだと思います。

今や日本のアイドル、K-POPアイドル等も化粧をしており、メイクは男性でもがっつりされている方も多くいます。

化粧をしているからと変にオカマと噂するのは偏見ですよね。

今後も、すべてに魅力あふれるMrs.GREEN APPLEの活躍が楽しみです。

楽曲によって、様々に変化するミセスも見てみたいですね。